ヘッドラインニュース

渋谷表参道ウィメンズラン開催 第1回優勝者は片山麻美さんに

渋谷表参道ウィメンズラン開催 第1回優勝者は片山麻美さんに

 33年ぶりに復活した女性限定のミニマラソン大会「渋谷表参道ウィメンズラン」の第1回大会が3月6日午前8時30分開幕、女性や親子連れ、子どもたちなど約5000人が参加、早春の明治神宮の境内、表参道を爽快に走り抜けた。
 この日は曇天まじりの絶好のマラソン日和。メイン部門の「10辧廚蓮国立競技場代々木公園B地区からスタートし、表参道と明治神宮境内の一部などを制限時間80分で走るコース。16歳から73歳までの約4000人の女性が走った。そのほか、「ファミリーラン(1辧法徂門に150組の親子、「キッズラン」(1劼2km)部門には300人の男女小学生が参加し、爽やかに汗を流した。
 「10辧徂門では、名古屋国際女子マラソンへの参加も決定している加納由理選手(セカンドウィンドAC)など招待選手が圧倒的な速さを見せるなか、シドニー五輪の金メダリスト高橋尚子さんもゲストランナーとして参加。一般ランナーと混じって笑顔を振りまきながら走り、最後まで大会を盛り上げた。
 一般ランナーでは片山麻美選手が39分39秒の好タイムで一着。栄えある第一回の優勝者となった。
 渋谷表参道ウィメンズランは、1977年と78年の2年間、商店街振興会原宿表参道欅会の主催で行われていた「原宿女子ミニマラソン」がルーツ。近年、ランニングブームが高まる一方、一般女性ランナーが参加できる大会が少ないとの声を受け、33年ぶりに復活した。

VIDEO NEWS(2011-03-06)

最新記事一覧

ヘッドラインニュース一覧

創刊にあたり

現実をみつめる冷静な目
原宿新聞編集長 佐藤靖博

www.harajukushinbun.jp

虫に書く

事案の真相に鋭いメスを
「巨悪は眠らせない」

www.harajukushinbun.jp