ヘッドラインニュース

安全の確保が最優先 豊洲への移転 小池知事改めて強調

安全の確保が最優先 豊洲への移転 小池知事改めて強調

 小池都知事は、豊洲移転問題について「近じか地下水のモニタリングの結果が出る。それを待って判断していきたい」。「生鮮食品を扱う市場の地下水が汚染されているとわかって消費者は安心できるか。いったん、開場すると後戻りできない」と話し、消費者の信頼と安心を確保するのが最優先課題だという立場を改めて強調した。18日午後開かれた定例会見で明らかにしたもの。
 小池知事は、汚染防止対策上必要だった豊洲の地下が埋め立てられておらず、地下水の汚染が発覚して以来、移転の延期を決定。地下水の再調査を実施するとともに「いつ、どこで、誰が、何をきめたのか」など真相究明に乗り出した。当時の石原元知事が記者会見で「移転を早々にしないのは小池氏の不作為の責任がある」と批判、小池氏は「消費者が安心できない状態で開場はできない」と応戦、石原VS小池の様相だ。
 さらに都議会は百条委員会を設置、20日には石原元知事の証人喚問を実施、真相を究明していく考えだが、果たしてどこまで真相に迫れるのか、注目されるところだ。
 会見ではこのほか(‥膰のあずま球場がオリンピックの野球、ソフトボールの追加会場に決定。金銀メダル製造のため携帯電話を募集、現在15、824個集まった市町村交付額が500億円に決定したづ堙店喟鄒のニックネームの公募などが報告された。(2017-03-17)

最新記事一覧

ヘッドラインニュース一覧

創刊にあたり

現実をみつめる冷静な目
原宿新聞編集長 佐藤靖博

www.harajukushinbun.jp

虫に書く

事案の真相に鋭いメスを
「巨悪は眠らせない」

www.harajukushinbun.jp