ヘッドラインニュース

地域の伝統や特性活かし力強い農業へ  都市農業振興基本法・地方計画策定に着手

地域の伝統や特性活かし力強い農業へ  都市農業振興基本法・地方計画策定に着手

 農業政策が大きな転換期を迎え、農業を成長産業として押し上げる「攻めの農業」対策が進められる中、「里地里山」に代表される日本の伝統的な農業システムが、世界的な関心を集めている。その後押しとなっているのが、国連食糧農業機関(FAO)による「世界農業遺産」認定だ。
 「世界農業遺産(GIAHS)」は、地域環境を活かした伝統的な農法、生物多様性が守られた土地利用、農村文化・景観などを「地域システム」として一体的に維持保全し、次世代へ継承していくことを目的としてFAOが認定。平成14年に始まり、日本は先進国で初めて平成23年に認定を受け、現在、国内で8地域が認定されている。
 創設の背景には、「近代農業の行き過ぎた生産性への偏重が、環境破壊や地域固有の文化、生物多様性などの消失を招いてきた」ことなどがあるという。

 平成23年に「トキと共生する佐渡の里山」(新潟県佐渡)、「能登の里山里海」(石川県能登)が認定されたのを皮切りに、平成25年に「静岡の茶草場農法」(静岡県掛川)、「阿蘇の草原の維持と持続的農業」(熊本県阿蘇)、「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島宇佐の農林水産循環」(大分県国東)、平成27年に「里川における人と鮎のつながり」(岐阜県長良川)、「みなべ・田辺の梅システム」(和歌山県みなべ・田辺)、「高千穂郷・椎葉山の山間地農林業複合システム」(宮崎県高千穂郷・椎葉山)が認定。
 農林水産省農村振興局農村政策部農村環境課によると「世界的な評価を受けたことにより、認定地域の方々に自信と誇りが生まれ、観光誘致や農産物のブランド化の促進に繋がっている」と効果を挙げる。
 農林水産省世界農業遺産専門家会議の武内和彦委員長(国際連合大学上級副学長)は、その必要性について、「伝統農業を重視する『世界農業遺産(GIAHS)』を通し、日本農業のあり方や食と自然を守り、農村振興、価値観の転換などを見つめなおすきっかけになる」とし、「住民の意識の変化、自信や誇り、希望の回復に繋げることが最も重要」であると強調。「農産物等の付加価値向上やブランド力の強化」・「地域の様々な恵みをトータルに扱いマーケットに繋げる」・「将来的に認証農産物を目指し地域経済の活性化に繋げる」ことなどに活用するよう説いた。
 一方で、今後、「世界農業遺産(GIAHS)」認定が難しくなっていくとの認識を示し、「日本農業遺産」創設の検討を提案。農林水産省も検討中との見解を示している。

 東京都も、島しょ地域や中山間地域も重視した新たな視点による力強い農業を目指し、農業振興の方向性と施策展開を示した「東京農業振興プラン」の見直しに着手した。
 10か年計画として平成24年度に改定された同プランの中間見直しに基づいたもので、‥豕農業の特性を活かした産業力の強化と担い手育成、農地保全と多面的機能の発揮、G醒椹妻の安全・安心の確保と地産地消の推進、っ楼菠滅清箸凌橋淑向、ヅ垰塲清函η醒呂寮度改善など国への要望、について東京都農林・漁業振興対策審議会へ諮問。今回、新たに「島しょ地域や中山間地域の農業振興」についての審議も求めている。7月に答申予定。また、同プランは、昨年度制定された「都市農業振興基本法」に基づく「都道府県地方計画」としても位置付けられる。

 東京都では、平成16年から10年間で約1100haの農地が減少(現在7290ha)し、農家数は平成17年からの10年間で1万3700戸から1万1224戸と22%減少、農業者の平均年齢は平成17年からの10年間で3.3歳上昇(現在63.9歳、全国平均は同66.3歳)と農地の減少や担い手の減少・高齢化が進んでいる。
 一方で、東京に農業・農地を残したいと思う都民は86%(平成21年調査:84.6%)、農業体験農園は平成22年から5年間で1.5倍(70→103か所)。認定農業者数は平成17年からの10年間で2.3倍(680→1534経営体)、防災協力農地は平成17年から10年間で3.4倍に増加(320ha→1099ha)と農業への関心や期待は高まっている。
 また、都内農業者の農産物出荷方法は、直売所や学校給食などへの直接販売が77%(共同直売所:24%、個人直売:26%、学校給食:6%、他)を占め、市場への出荷は23%。10年前は、直接販売が56%(共同直売所:16%、個人直売:27%、学校給食:1%、他)、市場への出荷が44%であったことからも販売方法が大きく変化している。
(2016-01-23)

最新記事一覧

ヘッドラインニュース一覧

創刊にあたり

現実をみつめる冷静な目
原宿新聞編集長 佐藤靖博

www.harajukushinbun.jp

虫に書く

事案の真相に鋭いメスを
「巨悪は眠らせない」

www.harajukushinbun.jp