ヘッドラインニュース

都と国際金融街・英シティ-が金融分野で連携  金融市場活性化に期待

都と国際金融街・英シティ-が金融分野で連携  金融市場活性化に期待

 東京をアジアナンバーワンの国際金融都市として復活させるため、抜本改革に着手している東京都は、有識者による「国際金融都市・東京のあり方懇談会」(座長・斉藤惇KKRジャパン会長)の最終提言を受け、来月、「東京版金融ビッグバン」ともいえる国際金融都市構想を取りまとめ、公表する予定だ。

 小池知事は、構想に盛り込む主要施策として、ヾ洩碓貘里燃こ斡睛桟牢覿箸陵驚廚覆匹鮃圓Ε廛蹈癲璽轡腑鸛反イ寮瀘、金融分野の表彰制度「東京金融賞」の創設、新興資産運用業者育成プログラム(EMP)の導入、だ派蘆瓦侶攜此↓ケ儿颪旅餾欟睛山后屮轡謄ー・オブ・ロンドン」と金融分野で交流・協力する合意書の締結、を具体化させることを明らかにした。シティーとの提携は、金融分野でのイベントやESG投資、プロモーション活動などを考えているとし、来月には署名式を実施したいとしている。

 シティーが合意書を締結している国際都市は現在、上海のみ。東京都との締結は2都市目となる。今回、シティーが合意書締結に応じた背景には、同金融街内に欧州の拠点を置く金融機関が、ブレクジットに対する不安から転出する動きが見られることもあり、国際金融都市間で協力し合えるところは協力し、交流を活性化させることで、企業の流出を最小限に留めたいとの狙いもあるのではないかと関係者は見ている。一方で、東京都にとっては、海外プロモーション活動のノウハウなど、国際金融都市を目指す上でシティーから学ぶべき点は多く、金融市場の活性化が期待される。
(2017-10-30)

最新記事一覧

ヘッドラインニュース一覧

創刊にあたり

現実をみつめる冷静な目
原宿新聞編集長 佐藤靖博

www.harajukushinbun.jp

虫に書く

事案の真相に鋭いメスを
「巨悪は眠らせない」

www.harajukushinbun.jp