特集/コラム

【エリア特集】2010-09-16

ソフトボールのエースから婦人服専門店のチェーン経営へ 塚田 克好さん(ル・プレ専務)

 「ル・プレ」は、ミセス向けを中心とした、一種の婦人服専門店チェーンだが、この不況下で今年6月が前年同月比10%増、7月4%増、8月がなんと30%増と快進撃。「去年が良くなかったから」と謙遜しつつも、「夏場の仕掛け」が奏功して年間でも前年実績をクリアし、まずは利益も残して8月期を終えた。スクラップ・アンド・ビルドを経て、いま「半年にいっぺんくらい」のペースで新店をオープンしている。

ソフトボールのエースから婦人服専門店のチェーン経営へ 塚田 克好さん(ル・プレ専務)

 毎月、何かの仕掛けを実行している。決して派手なことではなく、むしろ泥臭く、顧客層にアピールしている。猛暑続きの今夏でいえば、「6、7月に活躍しなかったメーカー」に声をかけて、夏物を大量に仕入れ、盆明け後も夏物で引っ張った。夏物処分、決算セールにも積極的に取り組み、これが結局は成功につながった。
 主な客層はミセス、今も長野県を本拠とし、出店立地は主に大手量販店を核としたショッピングセンターやスーパーのインショップ。
とすれば、地道に地域密着型で、リピート客を増やす環境づくりを急がざるを得ない。ダイレクトメールに熱心に取り組むとともに、昨今は「携帯メール販促」に力を入れる。それも「QRコードは面倒がられるので、「かざして、瞬間的にOK」という簡便さをメリットに、「雨の日の割引セール」とか、キメ細かな取り組みで力を発揮している。

 2008年の秋冬シーズンから、商品は各店仕入れに踏み切った。毎月1回の店長会議で意思統一した上での各店仕入れなので、「ボトムアップとトップダウンの融合」と位置付ける。したがって、「月別に、予算達成した店にはボーナス」で報いる。
 呉服店に生まれ、育ったとはいえ、自らはアパレルも流通業も経験していない。それだけに、「何にでもアクティブに挑戦」する一方、「謙虚に、まずは聞く」。顧問契約したコンサルタントの意見には、特に耳を傾け、店頭のビジュアル化には、とりわけ熱心に取り組む。週に2,3回は各店を回り、コミュニケーションを欠かさない。「人をベースにした人材教育」にも熱心で、いわば日本的な「家族経営の良さを生かして」という。
 「スタッフには自信を持ってもらいたい」と、全部で10数店舗という規模にしては、身の丈を超えるとも思われるテレビCMやチラシの大量配布にも、熱心に取り組んでいる。

 今秋の出店は、9月17日(金)に新潟県の「上越モール」へ。売り場面積は約」122平方叩「ル・プレ」のショップは、長野赤沼店のように264平方辰箸い辰織院璽垢發△襪箸呂い─△おむね100平方値召箸い辰燭箸海蹇
 また、10月22日(金)には、滋賀県の「近江八幡サティ」へ。同じ滋賀県の西友長浜楽市店内で「ル・プレ長浜店」と「エマーブル店」の2店舗を担う田村久和店長が、新店にも活躍の場を広げる。
 「このところ、出店の要請が多くなっている」という。初期の頃、100円ショップ「ダイソー」のFC(フランチャイズチェーン)に取り組み、6店まで増やした実績が評価されている。いかに社長の息子とはいえ、「自分の給料分くらい、自分で稼ぐ」と、自らプレゼン資料を作ってホテル、健康ランド、ガソリンスタンドなどに物販コーナーを作って回り、卸売りを成功させた行動力への評価も高い。その一環として異彩を放つのが、「パチンコ屋を攻めて、端玉コーナーに、100円商品を納入して回った」こと。
 塚田兄弟はふたりとも、東京の大学を出て、東京の会社に勤務した。今もその人脈は大きな力になっている。

 1964年長野県坂城町生まれ。地元の上田高校ではソフトボールのエースピッチャーとして鳴らし、高校総体にも出場。進学では「高望みしすぎて」苦労し、東京で2浪後、日大経済学部へ。「入学後1年は、特に何もしなかった」が、「噂を聞きつけて誘いが来て」2年からソフトボール部へ。「マイナースポーツだから」と本人は謙遜するが、「はじめは3部だったのが、1部まで昇格」し、キャプテンを務めた4年時には、大いに面目を施した。身長177センチの長身美男。「やっぱり楽しかった」のが原動力となったわけだが、グランドは埼玉県の上福岡、大学は東京の水道橋と離れていたこともあって、「大学の方はちょっと・・」。
 卒業後は船井総研へ。7年ほどマーケティングや店舗開発などを経験して親元に戻り、家業の婦人服専門店「ル・プレ」に入社。いま、父親が社長とはいえ、実弟で高校ではバレーボール、拓殖大では落語研究会で活躍した塚田友洋常務と共に、実質的に同社を取り仕切っている。モットーは「いつも前向き、勉強好き」。そして「わけ隔てなく、平等に」。目下の趣味は「スポーツ観戦」だが、ゴルフなどはやる時間もなく、「呉服商の親の背中を見て育ったので、仕事でいつも動いている」と、表情は明るい。

特集/コラム一覧